桔梗の庭を愛でる

梅雨空が重たくてなかなか写真散歩もままならない時期でしたが、間隙を縫って

関西出張のついでに行ってきました。

 

京都東福寺の山内にある、桔梗の寺こと天得院。年に2度、わずかな期間しか

拝観ができない、知る人ぞ知るお寺なのですが、運よく、初夏の桔梗の季節の公開に

タイミングが合いました。だから今回は張り切ってKPとHD DA 18-85mmを持参。

KPIG3641 Kyoto Tentokuin 02

 

苔むす枯山水の庭に、青・白の桔梗の花の色が冴えます。なかなか見ることが

できないこの景色。

 

ふだん非公開のこの庭、さすがにたくさんの人が訪れて、毛氈の敷かれた縁に腰を
おろし思い思いに愛でておりました。

KPIG3659 Kyoto Tentokuin 05

 

私を含むカメラおじさん若干名のほか、熱心に撮影に励むカメラ女子も数名。

それほど広くない堂内なので、どうしても射線がかぶります。障子窓を額縁に

見立てて庭の眺めを四角く抜きたい女子は、その構図内でどっしりと構えて

連写音を響かせるおじさんカメラマンが退くまで長期持久戦の構え。別の女子

は庭の対角を望遠で狙って、私が撮りたい火灯窓前に陣取って粘っています。

カメラ人口減少中とは思えない、この混雑ぶり(苦笑)。

 

ようやく、一瞬だけ退いてくれました。ありがとう。

KPIG3688 Kyoto Tentokuin 10

 

咲き乱れる、と呼んでも良いような、見事なボリュームの桔梗の花です。花の無い

普段の庭を知る人が見たら、さらに興趣が深いことでしょう。

KPIG3646 Kyoto Tentokuin 03

 

ちょっとだけ残念だったのは、禅寺の静かな美を楽しみたいのに、お寺の方の法話

というか、東光寺・天得院の来歴紹介が、BGMつきでエンドレスで流されていた

こと。年2回の公開だから、つい力が入っちゃうんですかね。しかし、うーん。

 

最後は、2枚めの写真と同じ花を、別アングルで。

凛とした風情がたまりません。

KPIG3678 Kyoto Tentokuin 08

 

というわけで、桔梗の寺の巻でした。

最後まで見ていただいて、ありがとうございます。

 

------

応援clickありがとうございます!


他の上位ランクブログへ

 


HD DA 20-40mm limitedで天王洲散歩

東京城南・天王洲の水辺は、私が時々訪れる定番の写真散歩コースのひとつです。

駅近で、都会的な風景の中で水辺の緑と風と光を愛でながら歩ける上に、一帯の

オーナーである寺田倉庫さんが仕掛ける再開発で、食事やショッピングのスポット

としての魅力も増してきています。

 

PENTAX KPと、新たに手に入れた標準ズームHD DA 20-40mm limitedを手に

梅雨の晴れ間の天王洲を歩きました。

 

洒落た道標の後ろに、青空に映える白い帆に似たライブステージ屋根。

KPIG3426 Tennoz 09

 

うーん、HDRを使ってはいるのですが、思い切りがちょっと足りなかったか。

連続シャッターを切るの、手ブレしそうで未だに少し躊躇するんですよね(苦笑)。

 

かつては物流のプロしか寄り付かなかった倉庫街は、今やイベントスペースや

お洒落なレストラン・ショップの街に変貌しつつあります。

KPIG3424 Tennoz 08

 

運河に浮かぶ水上コテージ。なかなかクールです。

KPIG3434 Tennoz 11

 

この小じゃれた建物はたぶん付近の飲食店や販売店(JRの駅ナカに天王洲ブランド

のパン屋さんが出店していたりする)に食品を供給するセントラルキッチンでは

ないか、と私はにらんでいますが、真相は不明。

KPIG3423 Tennoz 07

 

港区・品川区の区境にかかるふれあい橋。ときどきCMやドラマのロケ地になって

いるようです。

KPIG3409 Tennoz 03

 

別角度でもう1枚。

KPIG3415 Tennoz 06

 

コンクリートで護岸された東京ベイエリアにも、それなりに緑はあります。

ヤマブキの群生が花の盛りを迎えていました。

KPIG3443 Tennoz 14

 

この街は何度歩いてもほんと楽しい。

 

というわけで、リミズームを手にウキウキの天王洲散歩の巻でした。

光量がしっかりある中で絞って使うと、実にクリアな絵を撮らせてくれるレンズ

です。

 

------

応援clickありがとうございます!


他の上位ランクブログへ

 

 

 


梅雨入り前の紫陽花の色を楽しむ

東京が梅雨入りする直前の、とある日、

自宅の近くで、植え込みのガクアジサイに夕陽が射して輝いているのを見かけて、

急いで帰宅してPENTAX KPを掴んでとって返しました。

 

花を見ると写真衝動が抑えられなくなる、カメラおやじ独特の習性?

 

何とでも言ってくれい。梅雨入り前の、咲き始めの季節にしかない、

この花の若々しい色を、爺は撮っておきたくなったのじゃ。

 

KPIG3218 evening view 09

 

若い葉の緑に映える初々しい薄紫の花。オレンジの夕陽に照らされて、何とも

言えない情緒ある輝き。

 

KPIG3163 evening view 03

 

レンズはTAMRON90mm F2.8とDA35mm F1.8。

タムQで思う存分寄れますが、今回はボカしつつ背景を残す絵と、後ボケを溶かす

絵の使い分けを意識してみました。

KPIG3240 evening view 12

 

KPIG3194 evening view 07

 

DA35mmは安定して良い感じの絵を量産してくれます。

KPIG3286 evening view 15

 

というわけで、初夏から梅雨へ。

季節の移ろいの中での若いアジサイの色を楽しむの巻でした。

 

------

応援clickありがとうございます!


他の上位ランクブログへ


Calendar
<< July 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
Ranking
応援ありがとうございます!
各カテゴリーの現在の投票ランキングです
Profile
Latest entries
Category
Archives
Links
  
Search this site.
Mobile
qrcode
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM

Others

新しい記事へ← |いまここ| →旧い記事へ>>