AF微調整 依然として私には無理ゲーぽい

主力のカメラをPENTAX KPにして9か月あまりが過ぎ、この間で新しいレンズも

少し増えたので、改めてAF微調整をしてみるか、と週末に半日かけて手持ちの

AFレンズの総点検をやってみました。

 

AF微調整のやり方は、以前の記事にもある通り、以前の記事のこの方法を踏襲しま

した。→AF微調整、難しかった

 

これまではうまくいかないことも多かったけど、多少は道具の扱いにも慣れたので

少しは進歩のツメアトを残せるかと・・・。

 

 

結果、あきまへん、惨敗。

 

F値の明るいレンズはなんとかなるんです。それだけは少し進歩しました。

十分に寄って撮れば、ピント位置の確認も微調整値を動かしたときの変化も

それなりに掴むことができます。

 

たとえば、PENTAX DA50mm F1.8ではこの通り。。

これで、KPのメニューでAF微調整を+6まで振った状態(拡大して見ていただく

と少し分かり易くなります)。これでほぼOKと思いますが、ここからもう少し

+側に振るかどうか、いずれにしてもピントのピークがかなりわかるので、

この前後のどこかの値でFIXすることができそうです。

 

この調子で、PENTAX DA35mm F2.4とSIGMA30mm F1.4はなんとか調整

完了しましたが、

 

開放F値がこれより暗くなるか、焦点距離が短くなるかすると調整は至難の業。

たとえばSIGMA 10-20mm F3.5ではこのありさま。

 

微調整±0でこうなのです。はて、さっぱりわかんないよコレ。

 

わからないということは、微調整するようなシビアなピントのアヤはこのレンズ

では必要ないということでしょうか?

 

きっとそうだ。そうに決まっている。

 

というわけで、少数の例外を除いて、AF微調整は私には依然として無理ゲーです。

脱初心者の道は険しい。

 

-----

応援clickありがとうございます!


他の上位ランクブログへ

 

 

 

 

 

 

 


SIGMA 30mm F1.4 DC HSM

シグマさん、ついにKマウントレンズの生産終了だそうです。

Kマウントレンズの新作を出さなくなって久しいし、Lマウントだfpだと慌ただしい

最近の同社の動きを見ていれば、この発表に大きな驚きは無い。いつか来るXデー

を覚悟はしてた。

とはいうものの、ペンタックス使いとしては、いささかガックリくるニュースでは

ありました。

 

残念とか悲しいとかいう感想の前に、私は、

「これでSIGMAのKマウントレンズは正式に市場に供給されなくなる。

 新品か、程度の良い中古を手に入れたいなら、急がないと

というサモシイことを考えました。

 

今手元にあるシグマのレンズは

 SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM のみ。

 

あと、世評の高い「一度は使ってみたいシグマのKマウントレンズ」と言えば

 SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

 SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM

ですが、この子たちはいずれもリアルに重量級で、一念発起して手に入れても、

脆弱中高年の私には、文字通り荷が重い。財布の負担も重い。

 

そういえば、

 SIGMA 30mm F1.4 DC HSM は?

重さもそこそこ、性能評価もそこそこ(と言ってもArtラインでF1.4という尋常

でない明るさのの大口径レンズ)で、明るい標準-広角レンズを持ってない私の

欲求を満たすには、妥当な落としどころかも。お値段もそこそこで素敵。

 

という思考の成り行きで、程度の良い中古レンズを、偶然に見つけて、もとい、

正直に言うと血眼で探して、溜まったポイントを駆使してキャッシュアウトを

抑えるE難度の大技を繰り出しました。我ながらこういう時だけすごい瞬発力。

 

で、気がついたら我が家に届いていました。

じゃん。

 

 

なかなか精悍な面構えでよろしい。重いのはダメというヤワな私ですがシグマさんの

レンズの「みっしり」中身が詰まっている感じ、嫌いではありません。

 

ただひとつ、この買い物のおかげで、画角がモロ被りする純正ラスボスこと

FA 31mm limitedへの道は確実に遠のきました。

巡りあわせだから仕方がないよなあ。

 

-----

応援clickありがとうございます!


他の上位ランクブログへ


DA 20-40mm Limited のレンズキャップ外れ対策

PENTAX KPにDA20-40mm limitedの組み合わせが実にルックスが良く、スナップ

散歩にも便利なので持ち出す機会が多いのですが、金属製の「かぶせる」タイプ

のレンズキャップが、わりと簡単に抜け落ちるのが悩みの種です。

オールドスタイルでカッコ良いのはいいんですけどねえ。バッグからの出し入れの

際に、気前よくスッポスッポと抜けてくれます。いまにも紛失しそうで、付けたく

ないのですが、キャップ無しというわけにもいきません。

 

キャップはレンズ本体ではなく、標準装備のごく浅い金属製のフードにかぶせます。

このフードの内側に、62mm径の安い樹脂製キャップがピッタリと嵌るという話を

ネットで聞きかじって、早速そのようにしてみました。

 

樹脂製はPENTAX純正品でも、サードパーティの同サイズ品でも確かにジャスト

サイズで嵌まってくれます。しかし、フードの内側に溝が切られていないので、

しっかり嵌め込むことができません。キャップに少しでも触ると、いとも簡単に

滑って外れてしまいます。

 

外れ落ちて紛失しやすいということ自体は、これではさほど改善できません。

実はすでに樹脂キャップを1つ紛失済み(爆

 

カッコが良いだけで効いてるんだかどうかわからない(言い過ぎ)この純正フード

がいかんのではないか。何とか、これを使わないという手は無いものか。

 

そこで一計を案じました。といっても、

私のオリジナルアイディアではなく、どこかの掲示板で見かけた他人様の工夫を

うろ覚えで真似させていただいているだけです。

 1)もともと保護フィルタ付ける派なので、レンズに55mm保護フィルタを装着

 2)付属フードは使わず、55mm保護フィルタを付けた先に、55→62mmの

  ステップアップリングを装着

 3)ステップアップリングの先端(62mm側)に、62-62mm(オス−メス)

  の継手リングを装着

    ※継手リングを探すのに少し苦労しましたが、こちらのお店で発見。

 

1)2)3)で、保護フィルタと2つのリングを重ねてフード代わりにします。

見かけでは、純正の浅いフードほぼ同じくらいの内外寸になって、先端部に

上述の62mm樹脂製キャップをしっかり嵌め込むメスのネジ溝ができます。

 

装着した現物外観。

「フードもどき」ですがけっこうそれらしく見えます。

 

比較対象のため、55mmフィルタ+もとの純正フードを装着。

 

オリジナルのフードは確かにカッコ良いですが、なんちゃってフードの方も、

ルックスを致命的には損なっていないのでは、と。

そして少なくとも、これでキャップの紛失リスクはぐっと減りました。

 

どこのどなたか忘れてしまいましたが、掲示板のネタ元様、本当にありがとう

ございます。

 

ちなみに、レンズの広角端で撮ってもいっさいケラレはありません。

フードの効果の方は、もともと純正品でも疑わしいので(笑)、なんとも。
 

純正付属品の金属製キャップとフードは大事に仕舞っておいて、しばらくこの

スタイルで撮ってみることにします。

 

------

応援clickありがとうございます!


他の上位ランクブログへ


Calendar
<< December 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
Ranking
応援ありがとうございます!
Profile
Latest entries
Category
Archives
Links
  
Search this site.
Mobile
qrcode
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM

Others

新しい記事へ← |いまここ| →旧い記事へ>>